[8/26更新] H3ロケット用固体ロケットブースタ(SRB-3)地上燃焼試験ライブ中継

  • ロケット
  • 研究
  • 一般向け
  • 記者向け
  • 輸送システム

SRB-3(エスアールビー・スリー)は、2020年度に試験機1号機の打ち上げが予定されている新型ロケット「H3(エイチスリー)」の固体ロケットブースタです。

固体ロケットブースタは、ロケット発射直後の推力を補う役割を担っており、約100秒燃焼した後、役目を終え、ロケットから切り離されます。H3ロケットではこのSRB-3を0本、2本、4本と付け替えることができるため、様々な大きさの人工衛星を打ち上げることができます。

今回、試験を予定しているのは「実機型モータ」と呼ばれる試験用のSRB-3で、燃料タンクであるモータケースに固体燃料を入れて点火し、燃焼時の特性などが設計意図どおりであるかを確認します。この試験により得られたデータをフライト用SRB-3の設計に反映します。

その燃焼試験の模様を、地上燃焼試験場から約900mの位置にある、現地、種子島宇宙センター竹崎展望台からライブ中継します。H3ロケットの開発現場を映像を通じて体感ください。

H3プロジェクトミッションマーク

●中継日

平成30年8月26日(日)(気象条件が整わなかったため、8月25日から変更しております)

●放送時刻

15:50~16:05頃

●ご留意願います

  • 今回の配信は株式会社ニコン殿の協力を得て、実験的に実施するものです。
  • 試験の進行状況や気象条件に応じ、配信日・配信時間等が変更または急遽中止になる場合があります。 あらかじめご了承ください。
  • 本試験結果については、後日HPに掲載致します。
視聴前に…こちらもチェック!

SRB-3とは?

SRB-3はコンポジット推進薬を用いた固体ロケットで、H3ロケット用の固体ロケットブースタとして開発しています。 H-IIAロケットとH-IIBロケットに用いられているSRB-Aで培った技術を活用しつつ、簡素化、低コスト化を追求しています。

SRB-3(CG)

具体的には、第1段機体と結合・分離する機構について、SRB-Aで採用していたスラストストラットと分離モータを用いた方式から、 スラストピンと火薬によるガスアクチュエータ(分離スラスタ)を用いた方式に変更し、結合箇所を大幅に減らします。 また、SRB-Aでは可動式だったノズルを固定式にしています。さらに、燃料タンクと燃焼室を兼ねるモータケースや各構成品については、低コスト化と軽量化を施します。 モータのサイズはSRB-Aとほぼ同じであり、将来はイプシロンロケットの第1段にも適用される計画です。

SRB-3

SRB-3の概要

主要諸元

もっと詳しく


コメントする

 ロケットを、支える縁の下の力持ち。忘れまい。

焦らず試験開始を待ちます。
試験の成功を期待します!

次世代に出発するh3のとても大切な宇宙の資源ですがんばつて下さい