本文へ移動する

沖縄宇宙通信所「宇宙の日」施設一般公開 開催報告

2015年10月16日(金)

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄宇宙通信所では10月10日(土)、「見て、聞いて、作って沖縄宇宙通信所で宇宙を身近に感じよう!」をテーマに「宇宙の日」施設一般公開を開催しました。当日はあいにくの雨天となりましたが、608名の方にご来場いただきました。

JAXA職員講演「沖縄からHII-Bロケットをみよう!」では、沖縄本島南部から撮影されたHII-Bロケット打ち上げ時の画像などを使い、条件次第では沖縄でもロケットが見られる可能性があることを紹介しました。その他、JAXAのロケットの種類やロケットで打ち上げられた人工衛星と沖縄宇宙通信所の関わりについて紹介しました。

JAXA職員講演


工作コーナー「ガリガリコプター製作」では、子ども達が自分の好きな色や形に作ったプロペラを、何とか回そうとして、夢中になって割りばしをガリガリこすっている姿が印象的でした。

工作コーナー


「宇宙服レプリカ試着体験」では、ご家族同士、お友達同士で宇宙服レプリカを着てポーズを決めて、楽しそうに記念写真を撮っていました。

宇宙服レプリカ試着体験


「缶バッジ製作」では、“はやぶさ2”や“ついせキリン”などのイラストに名前を書いて、出来上がった世界で一つだけのオリジナルの缶バッジを嬉しそうにかばんなどにつけていました。

缶バッジ製作


来年の一般公開の開催日など、イベント情報につきましては、決まり次第、ホームページでお知らせします。
またみなさまにお会いできることを楽しみにしています。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2018年