VISIT

角田宇宙センターで「第12回衝撃波管国際ワークショップ」を開催しました

  • 角田宇宙センター

平成30年4月12~13日に、JAXA角田宇宙センターで「第12回衝撃波管国際ワークショップ」(12th International Workshop on Shock Tube Technology, IWSTT)を開催しました。

このワークショップは、高温、高圧の空気を生成して空気力学、燃焼工学分野の実験に用いる衝撃波管や衝撃風洞に関する試験技術を議論する、世界で唯一の国際ワークショップです。第12回の今年はJAXAがホストとなって、桜が綺麗なこの時期に開催しました。

ワークショップには、総勢約50名の研究者・技術者が参加し、そのうち半数がNASAやDLR等の宇宙機関、オックスフォード等の大学他海外からの参加でした。また今回のワークショップでは、角田宇宙センターにある高温衝撃風洞(HIEST)の20周年セレモニーも開催しました。懇親会には角田市の大友喜助市長がご臨席され、世界中から集まった研究者・技術者に向けてご祝辞をいただきました。


ワークショップ参加者(センター内の桜の前で)

ワークショップ参加者
(センター内の桜の前で)

ワークショップの様子

ワークショップの様子

高温衝撃風洞棟内で開催した HIEST 20周年セレモニー

高温衝撃風洞棟内で開催した
HIEST 20周年セレモニー

ご挨拶される角田市大友喜助市長

ご挨拶される角田市大友喜助市長

サイトツアー(ラムジェットエンジン試験設備)

サイトツアー
(ラムジェットエンジン試験設備)

関連リンク