本文へ移動する

目視予想情報の一覧で見え始めと最大仰角の時間が同じ場合があるのですが、どういうことでしょう

国際宇宙ステーションについて

2017年1月6日(金) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

ISSは常に地球を周回していますが、ISSに太陽の光が当たり、観測地が十分暗い条件で見ることができます。

見え始めと最大仰角が同じ場合があるのは、ISSが観測地から見て最大仰角に達した時点でISSに太陽の光が当たり、観測が可能になるということです。

この場合、最大仰角付近を見ていると、ふとISSが現れそのまま仰角が下がりやがて見えなくなります。

見え始めと最大仰角が同じ値のケースを地平座標表示すると、見え始めたときが最大仰角になっていることがわかります。

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年