本文へ移動する

無重力の宇宙空間に浮いてでぐるぐる回転した場合、視覚以外の感覚で回転していることが認識できるのでしょうか?

宇宙飛行士について

2014年12月11日(木) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

宇宙空間など無重量状態では、重さはなくなりますが質量は変わりません。

つまり体や腕を振り回せば慣性力は働きますし、それに基づく体液移動も起こります。

人間は体の姿勢変化や加速度を視覚情報だけでなく、前庭器官(三半規管)で感じます。

宇宙空間に浮いた状態でも、体を回転させれば前庭器官内の体液が慣性のため体の動きより遅れて動くことで体液の動きのずれを有毛細胞の神経が検出し、回転していることがわかります。

なお、目を瞑って、体の動きと前庭器官内の体液の動きが一致するくらいゆっくり動けば、姿勢変化を感じることはできないでしょう。

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年