FAQ

「宇宙の日」とはどういう日ですか?

その他

毎年9月12日は「宇宙の日」です。
1992年は、世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという年、国際宇宙年(ISY)でした。
「宇宙の日」はこれを記念して制定され、一般の方々からの公募により、毛利宇宙飛行士がスペースシャトルで宇宙へ飛び立った日である9月12日となりました。
(ちなみに'92年の読み方と9月12日の読み方は同じ九十二で、日本語の語呂合わせになっています。)

日本でも、この国際宇宙年をきっかけに末永く宇宙の普及活動を行うこととなり、以降「宇宙の日」を記念した記念行事を毎年実施しています。
記念行事として、青少年向けイベント「ふれあいフェスティバル」や「作文・絵画コンテスト」を開催しているほか、各事業所の施設を一般の方々に公開しています。
また、 「宇宙の日」と「世界宇宙週間」を含む9月初旬から10月上旬までを「『宇宙の日』ふれあい月間」とし、集中していろいろな宇宙関連行事を行うことになっています。
詳しい内容や参加方法については、ホームページのイベントカレンダーなどでお知らせします。