本文へ移動する

1955年に実験が行われた「ペンシル・ロケット」は、水平に発射されたそうですが、なぜですか?

ロケットについて

2013年3月6日(水) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

ロケットは普通、上に向かって打ち上げられるのに、
ペンシルはなぜ水平に打ち上げられたのかという質問は、よく聞きます。

第2次世界大戦前のロケット技術が戦後に引き継がれなかった日本にとって、
「ペンシル」はほとんど初めてと言っていいロケット実験でした。
もし上に向かって打ち上げれば、ロケットの性能を知るためには、それを追い掛けるレーダーが必要です。
ところが当時の日本のレーダー技術はそれほど優れていなかったので、水平に飛ばして、高速度カメラやオッシロスコープなどを使ってロケットの飛び方を見ようとしたのです。

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年