本文へ移動する

エンジン開発に必要な、風洞実験設備はいくつありますか?

ロケットについて

2013年3月6日(水) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

エンジン開発に必要な、風洞実験設備は以下の12個です。

  • 6.5メートル×5.5メートル低速風洞
  • 2メートル×2メートル低速風洞
  • 2メートル×2メートルm遷音速風洞
  • 0.8メートル×0.45メートル高Re数遷音速風洞
  • 1メートル×1メートル超音速風洞
  • 0.2メートル×0.2メートル超音速風洞
  • 1.27メートル極超音速風洞
  • 0.5メートル極超音速風洞
  • 0.44メートル極超音衝撃風洞
  • 磁力支持風洞
  • 小型低乱風洞
  • 高温衝撃風洞

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017年