本文へ移動する

オゾンホールの問題点、原因、今後の影響などについて教えてください

地球観測について

2013年3月1日(金) 更新
このエントリーをはてなブックマークに追加
A

オゾン層は成層圏にある薄い層で、太陽からの有害な紫外線を吸収します。オゾン層が薄くなりすぎると、有害な紫外線は穀物や動物、人間の皮膚に損傷を与えます。

人間は冷蔵庫や空調機に使用していたフロン(塩化フッ化炭素)によりオゾン層に損傷を与えてしまいました。
このことは長期にわたる衛星による観測と地上での観測により証明されてきました。

オゾンホールといっても実際は穴ではなく、上空のオゾン全量が大きく減少することを指しています。
南極上空では毎年特定の時期にオゾン全量が大きく減少しますが、北半球を含む他の場所でもオゾン全量の全般的な減少が見られます。しかし、フロンの世界的な使用制限により、今後はこれらの事態が次第に改善されていくことが期待されます。

ADEOS衛星が捉えた南極オゾンホール等については以下のページ(pdf)をご覧ください。

http://www.eorc.jaxa.jp/ADEOS/Earth_View/jap/adeos23j.pdf(新しいウィンドウでPDFを開く)
http://www.eorc.jaxa.jp/ADEOS/Earth_View/jap/adeos18j.pdf(新しいウィンドウでPDFを開く)

カテゴリから探す

キーワードから探す

投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2017-2018年