EVENT

将来有人宇宙活動に向けた宇宙医学/健康管理技術研究開発に係る意見募集(情報提供要請)に関する説明会の開催

宇宙医学実験中の金井宣茂宇宙飛行士

JAXA有人宇宙技術部門では、将来有人探査活動(月面・月周辺、火星表面・火星周辺)における宇宙飛行士の健康管理運用に向けて、これらに必要な宇宙医学/健康管理技術を獲得すべく研究開発計画の策定を進めております。これまでに、現在の国際宇宙ステーション(ISS)で行っている健康管理運用と比較し、将来有人探査活動では技術的に足りないと思われる課題を「技術ギャップ」として識別しました。技術ギャップの詳細及び今後の進め方等をご説明させていただくため、説明会(『将来有人宇宙活動に向けた宇宙医学/健康管理技術研究開発 キックオフ』)を開催いたします。 本研究開発にご関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

説明会開催概要

日時

2019年1月16日(水)15:00~17:30

場所

日本橋ライフサイエンスハブ(東京都中央区日本橋室町1-5-5 室町ちばぎん三井ビルディング8階)(COREDO室町3)

対象

日本の法令に基づいて設立された法人の皆さま
又は日本国籍を有する個人

定員

100名(事前登録制、先着順。ただし早期に定員に達した場合は追加開催を計画いたします。追加開催が決まりましたら本HPにてお知らせいたします。)

申込

プログラム

プログラム内容は変更となる場合がございます。ご了承ください。当日アンケートを実施いたしますので、ご協力お願いいたします。

15:00~15:05

開会挨拶
有人宇宙技術部門 部門長 若田光一

15:05~15:20

第一部:将来有人探査×JAXA
国際宇宙探査センター 宇宙探査システム技術ユニット ユニット長 佐藤直樹

15:20~15:30

質疑応答

15:30~16:00

第二部:宇宙×健康管理×国際宇宙ステーション

1. ISSでの生活・体の変化について
 宇宙飛行士グループ 金井宣茂
2. ISSでの健康管理について(医学、衣食住)
 宇宙飛行士健康管理グループ 総括医長 三丸敦洋

16:00~16:10

質疑応答

16:10~17:00

第三部:宇宙×健康管理×探査・LEO

1. 探査活動における宇宙生活の変化
 宇宙医学生物学研究グループ 主任研究開発員 井上夏彦
2. 誰もが宇宙に行くためには
 宇宙飛行士健康管理グループ 研究開発員 山村侑平
3. 探査に必要な健康管理技術
 宇宙飛行士健康管理グループ 研究開発員 山村侑平
4. 宇宙医学・健康管理技術に係る研究開発の枠組みについて
 宇宙飛行士健康管理グループ グループ長 込山立人
 宇宙探査イノベーションハブ 副ハブ長 川崎一義

17:00~17:10

質疑応答

17:10~17:25

全体への質疑応答

17:25~17:30

閉会挨拶
JAXA 宇宙飛行士・運用管制ユニット ユニット長 田崎一行

お問い合わせ

募集内容、説明会、その他本件に関するご質問等は、以下までお問合せください。

E-mail:space-health[a]ml.jaxa.jp
([a]を@に変更してください。)

関連リンク