EVENT

月極域探査ワークショップその3

月極域探査機 イメージ図

JAXAでは、国際協働で月極域の水氷等、揮発性成分探査を行い、資源として利用可能判断する月極域探査ミッションを計画し、概念検討をインド宇宙研究機関(ISRO)と検討を進めています。これまでに、月極域探査に関するワークショップを2回開催し、同探査の検討状況の紹介や水氷の資源利用性の評価に向けて、関係する既存データの議論や観測手法の提案など議論を行いました。その後、9月の国際宇宙探査ワークショップ、10月の日本惑星科学会秋期講演会等で進捗をお知らせしていますが、12月19日(水)に「月極域探査ワークショップその3」を開催したいと考えています。

今回のワークショップでは、皆様に改めて探査検討の状況を紹介するとともに、資源利用可能性の評価の目的だけでなく、月極域探査の機会を使った科学観測を含めた、広い分野からのご意見をいただきたいと考えています。このような趣旨に賛同いただき、今回のワークショップは国際宇宙探査センター、宇宙理工学委員会国際宇宙探査専門委員会と神戸大学の惑星科学研究センター(CPS)との共催となっています。下記は現時点でのプログラム(仮)です。

多くの皆様のワークショップへのご参加をお待ちしています。

開催概要

日時

2018年12月19日 10:00~17:15

場所

御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター EAST
(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目4−6 御茶ノ水ソラシティ 2F)

遠隔接続

後日ご連絡いたします

プログラム

月極域探査ワークショップその3 プログラム(2018年11月8日 時点)

10:00

開会挨拶

10:10

国際宇宙探査のシナリオについて

月極域探査の検討状況、ミッション全体の検討状況、ISROとの検討状況等

12:00

昼食

13:00

水氷の資源利用可能性調査と観測機器

講演(各10-15分程度、数件)
水氷観測に関するパネルディスカッション

15:00

休憩

15:10

月極域における科学と観測機器

講演(各10-15分程度、数件)
月極域における科学に関するパネルディスカッション

17:10

閉会挨拶

17:15

閉会

対象

月極域探査に関心がある民間事業者、大学等

参加申込

以下の宛先まで、【ご所属】【お名前】【ご連絡先(メールアドレス)】をご連絡下さい。件名は、「月極域探査ワークショップその3参加申込」としてください。

月極域探査ワークショップその3 事務局:月極域探査ワークショップその3 事務局 メールアドレス

関連リンク