EVENT

月極域探査ワークショップその3

月極域探査機 イメージ図

JAXAでは、国際協働で月極域の水氷等、揮発性成分探査を行い、資源として利用可能判断する月極域探査ミッションを計画し、概念検討をインド宇宙研究機関(ISRO)と検討を進めています。これまでに、月極域探査に関するワークショップを2回開催し、同探査の検討状況の紹介や水氷の資源利用性の評価に向けて、関係する既存データの議論や観測手法の提案など議論を行いました。その後、9月の国際宇宙探査ワークショップ、10月の日本惑星科学会秋期講演会等で進捗をお知らせしていますが、12月19日(水)に「月極域探査ワークショップその3」を開催したいと考えています。

今回のワークショップでは、皆様に改めて探査検討の状況を紹介するとともに、資源利用可能性の評価の目的だけでなく、月極域探査の機会を使った科学観測を含めた、広い分野からのご意見をいただきたいと考えています。このような趣旨に賛同いただき、今回のワークショップは国際宇宙探査センター、宇宙理工学委員会国際宇宙探査専門委員会と神戸大学の惑星科学研究センター(CPS)との共催となっています。プログラムは以下の通りです。

多くの皆様のワークショップへのご参加をお待ちしています。

開催概要

日時

2018年12月19日 10:00~17:00

場所

御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター EAST
(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4丁目4−6 御茶ノ水ソラシティ 2F)

遠隔接続

リモート接続をご希望の方は、月極域探査ワークショップその3 事務局までご連絡ください。

プログラム

<↓左右にスクロールしてご覧ください>

時間 発表タイトル 発表者 所属
10:00 開会挨拶 若田 光一 JAXA理事
10:10 国際宇宙探査のシナリオ 佐々木 宏 JAXA
10:25 月極域探査ミッションの検討状況    
  ・全体概要と検討経緯 星野 健 JAXA
  ・資源利用シナリオ 成田 伸一郎 JAXA
  ・ミッション要求分析 白澤 洋次 JAXA
  ・着陸地点検討状況およびツール開発 井上 博夏 JAXA
  ・ローバの検討状況 若林 幸子 JAXA
  ・機器の概念検討公募と応募状況 大竹 真紀子 JAXA
  ・総合討論    
12:10 国際宇宙探査と宇宙科学の連携 國中 均 JAXA理事
12:20 昼食    
13:20 水氷観測機器の提案と月極域探査技術検討の紹介    
  ・ispaceの提案する水氷資源探査 清水 敏郎 ispace
  ・探査車搭載型中性子検出器 晴山 慎 聖マリアンナ医大
  ・月アクティブ地震探査装置 辻 健 九州大学
  ・高分解能地中レーダ 宮本 英昭 東京大学
  ・水素検出のためのレーザー誘起プラズマ発光分光装置 長 勇一郎 東京大学
  ・月極域における水資源探査のための超小型プローブ 尾崎 直哉 JAXA
  ・(多反射)リフレクトロン型TOF質量分析器 齋籐 義文 JAXA
  ・レーザー法水同位体計測装置 橋爪 光 茨城大学
  ・画像分光装置および掘削孔プローブ 佐伯 和人 大阪大学
  ・非接触移動式RI水分計 池永 太一 SRE
  ・JAXAにおける月極域探査実現のための研究紹介 内藤 均 JAXA
14:40 休憩+ポスターセッションコアタイム    
15:10 パネルディスカッション:月極域を利用したサイエンスの重要性    
  パネリスト:    
    ・月極域探査TFの成果 佐伯 和人 大阪大学
    ・揮発性成分の観測 橋爪 光 茨城大学
    ・月面の環境観測 三宅 洋平 神戸大学
    ・月震観測 辻 健 九州大学
    ・月の資源と科学 宮本 英昭 東京大学
    ・国際宇宙探査実現のための人材育成 倉本 圭 北海道大学
    ・超小型探査による科学 尾崎 直哉 JAXA
    ・月惑星探査データ解析ツール 井上 博夏 JAXA
  モデレータ: 藤本 正樹 JAXA
16:55 閉会挨拶 五味 淳 JAXA理事補佐
17:00 閉会    

対象

月極域探査に関心がある民間事業者、大学等

参加申込

以下の宛先まで、【ご所属】【お名前】【ご連絡先(メールアドレス)】をご連絡下さい。件名は、「月極域探査ワークショップその3参加申込」としてください。

月極域探査ワークショップその3 事務局:月極域探査ワークショップその3 事務局 メールアドレス

関連リンク