EVENT

国際宇宙探査に関するワークショップ ~月探査ミッションの実現に向けて~

JAXAは、米国が構想する月近傍の有人拠点(LOP-G*1)や月面探査活動における技術検討の具体化に向けて、活用・導入可能な最先端技術・知見などを広く集めるために、5月11日に以下の情報提供要請(RFI)を発出いたしました。
(*1:Lunar Orbital Platform-Gateway)

これを受け、LOP-Gや探査通信アーキテクチャについて、最新の検討状況等をご紹介するワークショップを以下のとおり開催いたします。

日    時

平成30(2018)年6月11日(月)13:00~16:50

場    所

プログラム

国際宇宙探査に関するワークショップ ~月探査ミッションの実現に向けて~

(敬称略)

総合司会: 鈴木 和哉(JAXA)
13:00~13:05 開会挨拶:五味理事補佐(JAXA)
13:05~13:35 月近傍有人拠点(LOP-G)の概要:佐藤 直樹(JAXA)
13:35~13:45 米国のLOP-Gワークショップの結果:佐藤 直樹(JAXA)
13:45~13:55 月近傍有人拠点の検討に関するRFI:降籏 弘城(JAXA)
13:55~14:05 探査通信アーキテクチャの検討に関するRFI:金子 洋介(JAXA)
14:05~14:25 (休憩)
14:25~14:45 国際有人宇宙探査に向けたJAMSSの取組み:福田 信彦(有人宇宙システム)
14:45~15:05 民間企業の取組みとLOP-Gへの期待:内田 敦(三菱総合研究所)
15:05~15:25 宇宙探査を支える通信:内山 浩(スカパーJSAT)
15:25~15:45 有人月面探査に向けた技術実証ミッション:佐藤 直樹(JAXA)
15:45~16:05 (休憩)
16:05~16:45 ディスカッション:参加者全員
16:45~16:50 閉会挨拶:佐々木 宏(JAXA)

対    象

月近傍や月面における探査活動、深宇宙探査通信に関心がある民間事業者、大学等

参加申し込み

以下の担当まで、【ご所属】【お名前】【ご連絡先(メールアドレス)】をご連絡下さい。

(降籏(ふりはた)・増田(ますだ))宛

多くの皆様のご参加をお待ちしております。