本文へ移動する
このエントリーをはてなブックマークに追加

カウントダウンを停止しております

はやぶさ2特設サイト

「はやぶさ2」打ち上げライブ中継

2014年12月3日(水)、H-IIAロケット26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」打ち上げ、およびロケットからの分離の模様を、種子島宇宙センターからライブ中継いたしました。ご視聴ありがとうございました。

  • 打ち上げ予定日: 2014年 12月3日(水)
  • 打ち上げ時刻: 13時22分04秒

番組概要

放送スケジュール
放送は、ロケット打ち上げ前後の「第1部」、ロケットからの探査機分離前後の「第2部」に分けて実施する予定です。

※打ち上げの進捗状況により、放送開始時刻や内容の変更、終了時刻延伸または早期終了の可能性があります。あらかじめご承知おきください。

放送内容放送日時

第1部
H-IIA26号機/「はやぶさ2」打ち上げ前後

  • 「はやぶさ2」紹介、準備状況VTRなど
  • 相乗り小型副ペイロード紹介
  • 打ち上げシーンなど

12月3日(水)12:25~13:40頃

☆打ち上げ予定時刻の約50分前から開始

第2部
H-IIAロケットからの「はやぶさ2」分離前後
※相乗り小型副ペイロードの分離は放送しない予定

12月3日(水)14:55頃~15:25頃

☆「はやぶさ2」分離予定時刻の約15分前から開始
☆分離は打ち上げ後1時間47分頃を予定



ライブ中継 MC紹介

JAXA 宇宙輸送ミッション本部
宇宙輸送系要素技術開発センター 開発員
嶋根愛理(しまねえり)

小惑星イトカワから遠い遠い旅を経て「はやぶさ」が地球に帰還したとき、私は種子島でその一報を受けました。「はやぶさ」プロジェクトは私がまだ学生だった頃から既に始まっていて、その知らせを受けた時はあまりにも時間が経ち、「はやぶさ」がこんなに長く大変な旅をしてきたことがあまりピンと来なかった、というのが正直な感想でした。
しかし、「はやぶさ」のカプセルが種子島でも展示されることとなり、目の前で実物を見た時にやっと、それがどんなに奇跡的なことか実感が込み上げてきたのをよく覚えています。
あれから4年。「はやぶさ2」がついに完成しました!
今度の目的地は1999 JU3という小惑星。「はやぶさ2」の長く厳しい旅が始まります。
また、必ず地球へ還ってきて、という願いを込めて、皆さんにH-IIAロケットによって「はやぶさ2」が宇宙に旅立つ瞬間をお伝えします!!



インターネットライブ中継

JAXAは次のチャンネルでライブ中継をインターネット配信いたしました。
こちらから中継の録画をご覧いただけます。

※ライブ映像の著作権は宇宙航空研究開発機構(JAXA)に帰属します。
※インターネット配信の特性上、数分の遅延が発生いたしますので、あらかじめご承知おきください。
※授業など学校教育の場で配信をご観覧いただくことは、特に事前連絡の必要や制限がございません。(JAXAのウェブコンテンツ使用について、詳しくはJAXAサイトポリシーをご覧ください)

インターネット配信協力・ケーブルテレビ放送・パブリックビューイング

JAXA事業所および外部団体が、ライブ中継を放映いたします。

配信協力先(12月2日 12時時点の情報です)

インターネット配信



ケーブルテレビ



パブリックビューイング

詳細はこちらをご覧ください。



※本ページの情報は随時更新されます。

打ち上げに向け、番組・特設サイトでは応援メッセージを募集しています!
応援メッセージはツイッターでのつぶやき #hayabusa2、またはFan!Fun!JAXA!応援メッセージ投稿へご投稿ください。




投稿コーナー

投稿コーナーへ

イベントカレンダー

2016年